White Album2-introductory chapter- 

ブランド:leaf
発売日:2010-03-26
シナリオライター:丸戸史明with企画屋
原画:なかむらたけし、十条たたみ(サブ)
声優:非公開

ストーリー
夕暮れの音楽室で俺が奏でるギターに合わせるように。
隣の教室で顔も知らない誰かが奏でるピアノに合わせるように。
屋上から響いてきた、鈴が鳴るように高く澄んだその声は、バラバラだった俺たち三つの旋律を繋いでくれた。

始まりは、そんな晩秋。
そのとき、誰かが誰かに恋をした。

誰もが一生懸命だった。誰もが強い気持ちで突き進んだ。誰もが、ひたむきに、まっすぐに、正直に――
心の底で結ばれ、かけがえのない瞬間を手に入れた。
だからそのとき、誰かが誰かに恋をしてしまった。一足遅れの、してはいけない恋を。

そして冬――降り積もる雪は、すべての罪を覆い隠し。
やがて春――雪解けと共に、すべての罰を下す。


  ・シーン数
かずさ1回


・1周目クリア後「初めから」で追加CGが見れるようになる


・前篇
・総評総評
シナリオは非常によく出来ています。部活の練習風景なども一生懸命に練習する姿が描かれていて、友人としての絆とか、それを超えて恋愛感情に発展するまでとかがきれいに描かれています。この作品は前篇で有ることから物語全体としての完結はしませんが、とりあえず中途半端で終わるようなことは有りません。一応、のこIC部分は本編からみると過去編となるのだろうが過去編としては一応の完結を迎えます。



シナリオ、音楽等すべていて非常によく出ていたと思いますが、非常に残念なのは原画です。



画像


これは主人公たちが抱き合ってる後ろからかいてるんだよな?だったら雪名の身長が超絶になるんだが



画像




雪名の身長はこのピンクの四角から間違っても出るはずがないんだが。どうなってんだ?あと手。取って付けた感しかしない。個人的感動覚えて延期したのならここら辺も感動の為に修正してほしかった。



以下感想みたいなもの

雪名とかずさ、主人公がいてその中でどう主人公が彼女たちにかかわるのか。雪名→主人公→かずさ→主人公--->雪名って感じで気持ちのが向いています。主人公はかずなが好き、だけど雪名に告白され(おそらくかずさが主人公がうたた寝しているときに不意打ちでキスした後にこのままじゃ、とられちゃう!この場合かずさ、主人公が付き合ったら仲間外れにされるかも・・・って言う恐怖感も有ったのかもしhれない。その前に、このままで3人で入れればいいと言ってたから教室に向かうまでは告白して強引に・・・ってのは考えてなかったかも?)雪名は好きであるがそれはかずさに向けたそれほどでもない。しかし押しに負け付きあう。そしてかずさのことはふっきたと見せかけて・・・実は諦めきれない。かずさが海外に行くことでそれが抑えきれなくなってしまう。(おそらくかずさがウィーン行きを決めたのは、ピアノが楽しくなったのと、主人公-雪名のカップルから逃げたかったんだと思う。正解は1つじゃないんだよって言ってるしね)心理描写は丸戸らしく良くできていて本当に魂の作品って感じです。結構バンド練習時から雪名は嫉妬まるだし。嫉妬というより、仲間外れにしないで><ってかんじかな。きゃらが両方とも可愛いのでどっちも幸せになってほしい。

トップページに戻る 

inserted by FC2 system