車輪の国、向日葵の少女

ブランド:あかべぇそふとつぅ
発売日:2005-11-25
シナリオライター:るーすぼーい
原画:有葉       
声優:樋口璃々子(籐野らん)、日向夏咲(新城麻奈)、三ッ廣さち(芹園みや)、まな(神月あおい)
    大音灯花(紫華すみれ)、大音京子(風音)、卯月セピア(盛啓介)、南雲えり(倉田まりや)
    法月将臣(さとう雅義)       

ストーリ-
初夏。 
罪を犯すと『特別な義務』を負わされる社会。
罪人を更正指導する『特別高等人』という職業を目指す主人公・森田賢一は、
その最終試験のため、とある田舎町を訪れる。


『1日が12時間しかない』『大人になれない』などといった義務を負う少女たちと学園生活を送るが、
『恋愛できない』少女・夏咲と出会ってから、賢一の歯車が狂いだす。


崖にひっそりと建てられた自分の墓、山間洞窟に隠された父親の遺産が次々と賢一を追い詰めた。
贖罪を問われた男が見た、車輪の国の真実とは……。
重厚な世界観を軽妙なタッチで描いた、感動のヒューマンドラマ。
  ・シーン数
さち、璃々子、灯花、各2回
夏咲、1回

・個別√1割未満


・修正パッチ有り


・BADENDのシーン回収が必要
・初めに
このゲームは個別√が事実上ありません。個別と言える部分はエッチシーンとエピローグのみです。



・総評
これはすごい。無駄なシーンが無く、伏線の張り、キャラの成長過程がすごくよく描かれています。シナリオ、BGMなどすべてが最高なものです。特にシナリオは非常によく出来ていて、盛り上げる場面では一気に盛りたて、それ以外の日常のシーンでは飽きが来ないように笑えるシーン、萌えられるシーンなどが盛り込まれています。また適度に法月に呼び出されることにより、緊張感を持ってプレイできる。さらに最後までやると分かりますが、伏線の張り方が非常にうまく最初は全く気がつきませんでした。さらにBGMはシナリオに非常にマッチしており重い空気の時、軽い乗りの時などはっきりと使い分けされていて作品の雰囲気をだすのに非常に役に立っています。泣きゲーの代名詞と言われる家族計画とは全く違った作風ですが車輪も感動できるシーンが多く、萌え、感動、シリアス、笑いなどすべてが最高品質な作品です


ただ強いて言うならばさちの話・・・2章が最高の盛り上がりを見せてしまうため、3.4章(灯花、夏咲)はやや目劣りする感じがあります。5章のオチとなる部分では少々強引なところも有りますが、それでも非常に面白く仕上がっています。


プレイ時間もそれほどかかりませんので是非やってみてほしい作品の一つです。

トップページに戻る

inserted by FC2 system