そして明日の世界よりー

ブランド:etude
発売日:2007-11-22
シナリオライター健速(企画兼任)
原画:植田リョウ       
声優:日向夕陽(安玖深音)、樹青葉(青山ゆかり)、日向朝陽(岡本あさひ)、水守御波(夢篠さなぎ)
    葦野竜(エルザ)、葦野海(かわしまりの)、八島宗一郎(柴田秀勝)、日向陽(一条和也)
その他:川田まみ、White-Lips、水月陵(歌)
      

ストーリー

四方を海に囲まれたちっぽけな島。自慢できるものといえば輝く太陽と澄んだ青い海、生い茂る樹々の緑くらい。
そんな変化に取り残された平和な島に住む、主人公の葦野昴(あしやすばる)は、いたって平凡な18歳の少年。
幼馴染でいつも元気な少女・日向夕陽(ひなたゆうひ)、
夕陽の姉で運動以外は完璧にこなす英語教師の日向朝陽(ひなたあさひ)、
親戚で悪戯仲間の樹青葉(いつきあおば)、
病弱で大人しい転校生・水守御波(みずもりみなみ)と共に、
島にある小さな学園に通い、運動会に海水浴、更には温泉堀りと騒がしくも平穏な日々を過ごしていた。
誰もがこの平穏で楽しい日々が、どこまでも、いつまでも、かわらずに続くものだと信じていた。
そう、あの日までは――。

『この小惑星は秒速三十二キロメートルで大気圏に接触、
 僅かに大気表面を滑って軌道がズレた後に……地表に激突します』

突然の宣告――。残された時間は3ヶ月。
訪れるのは世界規模の大災害。あまりにも唐突に訪れた世界の終焉に、混乱する人々。そんな中、何とか自分を保ち続けようと必至になる5人――。
果たして彼らは、残された僅かな日々の中で、何を想い、何を得るのだろうか?

 

・シーン数
青葉2 他3回

・修正パッチあり
→当てなくても問題ないレベル。演出の強化

・共通√
おもしろいかと言われるとさほど面白くありません。シリアスな面は魅せる物が有りますが特に日常シーンなどは壊滅的と言っていいほど面白くないですが、ここを乗りきらないと先に物語が進まないので・・・


・各個別√
このゲームをちょっと調べれば分かると思いますが個別√なんてやらなくてもいいと思います。面白くは無いし、先に進むのも苦痛になる位の起伏のないシナリオを共通から魅せられ個別でも同じよな感じで進みます。多少の山場となるシーンはあるものの、個別√と共通√だけで見れば地雷もいいところです。


・ノーマルエンド→アフター
ここが一番の評価点であり、ここで涙腺が崩壊するのは間違いありません。ここのいいところは退屈な日常シーンが無く(ノーマルに入るまでは共通からの攻略が必要ですが・・・)シリアス面だけが書かれています。ここは非常に綺麗すぎるほどに書かれていて読みながら絶望的な状況でも人が生きていく様が非常によく書かれていました。


・総評
このゲームの一番の価値はノーマル√からアフターへの繋がりが一番です。それ以外の√は何度も書きますが良く言えば睡眠導入剤、悪く言えば糞ゲーと言われてもしょうがないくらい起伏が無く悪い意味で淡々と進んでいきます。また最初から主人公大好き状態で始まるので攻略過程のドキマギって感じもないので、本当に退屈でした。


しかしノーマルからのアフターは非常によく絶望的な状況でも人が生きていく姿が短い文章の中でもしっかりと書かれていて涙腺が崩壊すること間違いなしです。本当にここにしか評価点がないといっても過言ではありません。ですので1周目でノーマルを見たらネットでセーブデータを探して、アフターに入っても問題は無いでしょう。それで物語上の謎が残されるとかも無いと思いますので、共通の時点で「無理だ・・・」と思ったらとりあえずノーマルまで頑張って、その後、迷わずデータを探して当ててアフターを見ましょう

トップページに戻る

inserted by FC2 system