ナツユメナギサ

ブランド:SAGA PLANETS
発売日:2009-07-31
シナリオライター:ほんたにかなえ、小桜りょう、せせなやう
原画:木之本みけ、若瀬諒、姫ノ木あく、新島夕、藤井リルケ、なたけ       
声優:青山つかさ(青山ゆかり)、遠野はるか(美月)、老樹真樹(田中美智)、美浜羊(植原なぎさ)
    七瀬歩(佐本二厘)、大河内夢(民安ともえ)、大場音々(成瀬未亜)、山口夕実(涼森ちさと)
    アリア(春乃伊吹)
その他:ろど(ムービー)、KOTOKO(主題歌)       

ストーリー
舞台は常夏の街、臨海副都心『hope』。
ヒマワリと夏の花が街中に植えられ、美しい蝶のような妖精が舞い、ときどき、野良ペンギンが街中を歩く不思議な人工島。
白波学園2年生『渚』は、街の浜辺に流れ着いた、過去を持たない少年。

真夏のクリスマスを1ヶ月後に控えのんびりとした日々を過ごしていた渚は、少女達と出会う。
やがて記憶の向こうにいる大切な人と、真実の自分の姿を見つけていく。
君がいた夏。君がいない夏。君といる夏―――
3つの異なる夏を過ごしながら…。
臨海合宿をしたり。気になるあの子と無人島に流されたり。水着姿でみんなで騒いだり。
そんな、淡いノスタルジーを通して、長い夏の果てにたどりつくのは、一体どんな記憶だろう。
  ・シーン数
歩4、羊4、つかさ3、はるか3、真樹3


・歩√はそれ以外の√をコンプごとに少しづつ解放
・共通√
定番でる記憶喪失設定を使いうまくヒロインとの関わり合いが取れていたと思います。会話のテンポや可愛さもよく、また物語の中に出てくる‘不思議なこと’も相まって非常に楽しく読むことができました。個別√ではさらにキャラクターが可愛くなるので非常に楽しみにしているといいと思います


・つかさ√
付き合い始めて最後のエンディングまでが綺麗にまとめられていたと思います。エロもマニアックなものが一つ合ってあの時のつかさの破壊力はかなりのものです。ただ全体としてはあまり印象に残らなかった。よく言えば普通の萌えゲー。


・真樹√
真樹1回目はなんでこんな終わりなんだ?と思った。そして2回目は歩ストーリーの3回目までを見ると攻略できるようになるのだが真樹2をやると物語の落とし所がなんとなくわかってしまう。私個人としては真樹2回目の次点で大幅なテンションがダウン。なんとなくこんなオチな気がするけど出来ればそうじゃなくて欲しいな・・・と思いながらアユムラストに向かいました。√自体は中盤位までは比較的萌え分が多いです。


・羊√
この√が一番良かったかな。可愛さもあり、羊のこともよく書かれていたと思う。また最後からエンディングへ向け非常にうまく丁寧に無駄なく書かれていて、思わず少し感動してしまいました。


・はるか√
このシナリオを描いたライター‘も’もっと反省すべき。萌えゲーにあんな展開は必要ないな。と思ったし、萌えゲーじゃなくいわゆる泣きゲーぽさを狙って書いたのならお粗末な展開もいいところです


・歩√から最後まで
この√を書いたライターが一番反省すべきですね。まずいきなり歩ってキャラが出てきて主人公とカップル同然な描写になって始まるのですが、初めてやるとポカーン?誰この変な奴?そして次に思うのは今までのヒロインはどこに行ったの?そして話を進めるにつれて徐々に分かる物語の確信。最後まで終わった時に無かった事にしてそっとアンインストールしました。


・総評
歩以外のルートは概ね満足でした。キャラクターも可愛かったし、萌えられるシーンもたくさんあり最後への盛り上がりもよく出来ていたと思います。ただこのゲームの一番の問題点は歩√・・・つまり各ヒロインと主人公との時間軸から過去に当たる部分ですがここで主人公が死んでいて、各個別は夢同然な扱いにある点です。歩事体も急に沸いて出てきたようなものなのでいまいち感情移入もしずらい。それまでに散々いろんなヒロインとの関わりあいを見せられた挙句たのヒロインおいてきぼりな√展開はどうなのでしょうか?ヒロイン達と歩を切り離すのではなく、一緒の時間軸で主人公と関わりあいを持たせた方がよかったともいます。


萌えゲーだけでなく少し凝って感動的な要素をっていうのは各個別までは有る程度成功していた気もしますが歩√のせいで結局何がしたかったのか分からなくなった。そんな印象です。トータルでみればそれなりに楽しめましたが(5ヒロイン中3√は面白かった)、人に両手を降って人にお勧めできる作品でも無いと思います。


某サイトでは結構絶賛されていますが、泣きゲーや感動できるゲーム教えてと言われたら、私はこのゲームをやるならクラナドとかAirとか家計などのガチな泣きゲーをやった方がいいよ?とお勧めしますし萌えゲーに期待しているなら、はぴねす、などを進めするでしょうね。(この記事は2011-04-07に大幅に加筆修正したものです。)

トップページに戻る

inserted by FC2 system