グリザイアの果実

ブランド:FrontWing
発売日:2011-02-25
シナリオライター:桑島由一 , 藤崎竜太 , 木緒なち , かづや
原画:渡辺明夫、フミオ、ななかまい(SDキャラ)
声優:松嶋 みちる(羽仁麗)、小嶺幸(岡村佳沙)、入巣蒔菜(安民ともえ)、榊由美子(一色ヒカル)
    周防天音(雪見そら)、ジュリア(楠鈴音)、橘千鶴(まきいずみ
ストーリー
その学園は、少女達の果汁園だった
外敵から隔離された学園にやってきたのは、生きる目的をなくした1人の少年。
守るべきものを見失い、後悔と贖罪のみに費やされる人生の中で、その少年に残されたものは首につながれた
太い鎖と、野良犬にも劣る安い命

そして少年は、その学園で少女達と出会い、新たな希望を見つけ出す

少女は、生まれてきたことが既に間違いだった

逆らった罪

生きながらの死

誰も守ってくれない

そして生き残った罪

そこは少女達の果汁園。
彼女達は、後悔の樹に実った懺悔の果実。そんな少女達に、俺に一体何ができる・・・?
それは、1人の少年が夢見た永遠の希望

・シーン数
天音5、由美子3、薪菜2、幸3、みちる2


・初回起動時パスワードの認証が必要。
オンライン、もしくは郵送等
(アクティベーションではない)
共通√
 面白いシーンとそうでもない場面、読むのが苦痛な場面色とりどりです。非常に長くいつになったら個別に入るのか!?まさかもう個別√なのか!?と思うこと間違いありません。個別√には大体、祭の前後から分岐しています。



天音√(△)
 天音√は体験版からのイメージと違いキャラがまずうざくなった。そしてヒロインの過去編の話も上にあげたとおりいまいち不明瞭な点もある。他の√で解決される謎かと思いましたがそんなこともありませんでした。また過去編にいくまでのいちゃらぶシーンが比較的長いのですが、それが天音のキャラが悪い意味で際立ってうざく感じる事の方が多かった。過去編終了後は取ってつけたような事故の遺族の暴走事件があり正直最後の遺族暴走展開はイラナクネ?と思いました。


まきな√(○)
 まきなの破天荒なキャラクターがそのまま生かされ軍事訓練()笑やバイトなどを通してキャラの魅力が押し出されていたと思います。ただこの√は人によっては非常に嫌悪感を抱くでしょう。最後のどちらにしても五体満足というわけでは無いので。また主人公が工作員としての力が一番発揮されていた√だと思います。


幸√(◎)
 おおむね面白かった。爆破後の報道規制のカラクリはいまいち分かりませんがそれでも良かったと思います。こちらもマキナ同様、キャラの魅力が引き出されていた。そしてシリアス展開に入るのも幸のキャラ設定を上手くいかせていたと思う。


ちるちる√(◎)
 みちるを攻略しているともったらにちる√(便宜上にちると呼びます)だったwみちるとにちる(過去の臓器移植を受けたみちるの心臓に宿っていたもう一つの意識)この√は特に文句のつけどころが無かったともいます。移植された臓器に意識が残っていたなど甚だ疑問も残りますが、まぁそこら辺はファンタジーですしね。レシピエントにそのようなことがあるの少しググてみましたが、私にはよくわかりませんでした。


総評

 非常に惜しい作品だった。限りなく良作に近い佳作。そんな言葉が適切な表現だと思う。シナリオの展開など面白いシーンも多く見れる一方で√によってはとてつもなく退屈なシーンをだらだら見せられたり、物語の謎が解決されていないなどの部分がなければ良作を飛び越えて神作と言われていたかもしれない。私が思いつくだけで物語の謎をして残されたものは

・一姫の頭部はどうなったのか?(天音√)
・一姫が入れておいた手紙の謎
→肝炎になったまでは分かるが死体がバラバラだったことからもし死んでいるなら全滅という表現がいまいち分からない。つまり、一姫は友人の肉を食べていないことから肝炎では無く他殺の可能性が高い→居残り組の中では最後まで生き残った可能性が高い、しかし、天音と別れたあと馬乗りされている(ここで死ななかった?死んでいたら手紙と包丁を冷蔵庫に入れられない)となると一姫をバラバラにして頭部を隠したのは誰?ここから一姫生存説が生まれる。死体はDNA 鑑定はされなかった、衣服等から死体を推定→頭部が無い以上死亡は否定できない。
・主人公の過去がいまいち事実関係が不明瞭(全ルート)
・東京本社の地下の教授の謎(マキナ√)
・↑に関連して由美子√さいごのJBの言葉「‘ユージ’からね」のユージの部分の小括弧。
→地下の教授のおかげで主人公は見逃された?ここから判断するに地下の教授は非常に力を持った人になる。師匠?一姫?師匠について火葬したのはJBであることからいくらでも偽装か可能
・学園爆破で報道官制が大規模に行われた理由(幸√)



 それ以外は共通が長い。あと複数ライターで誰がどのように書いたのは不明ですが、つまらないシーンとサクサク進められるシーンの差が激しかった印象を持ちました。また上にも書きましたが、多くの謎が伏線投げっぱなしで終わってしまうため、消化不良って感じがします。複数ライターで誰も本筋を書かなかった。そんな感じがしました


 最後にJB√とか作ってtrue√の必要性を強く叫びたい。物語の確信となりそうな部分があまりにも放置されている。また主人公の過去についてもあまり語られず、ヒロインは救われるかもしれませんが主人公は過去をどうやってうけとめたの?と全ルートで思う。この場合の過去とは師匠の死を受け止められたのか?ではなく過去の両親との事件の事。ここら辺をもっと言及してほしかった。あと個人的にはJBが一番可愛かったです。JB√が無いのはとても遺憾に思うw

トップページに戻る

inserted by FC2 system