きっと、澄みわたる朝色よりも

ブランド:propeller
発売日:2009-07-24
シナリオライター:朱門優
原画:やすゆき、ヨダ(SD)
声優:夢乃蘭(有栖川みや美)、樫春告(さくらはづき)、与神ひよ(青山ゆかり)、崇笹丸(木島宇太)
    若(真中海)、鬼武(瀬木幸)、青姉(海原エレナ)、青妹(霞春香)、半(杉崎和哉)、人(紫原遥)
歌手:WHITE-LIPS

ストーリー

互いの希望を持ち寄って、夢を語ろう。そうすれば、そこに仲間ができる。
互いの思いやりを持ち寄って、重ね合わせよう。そうすれば、そこに絆が生まれる。
互いに手を取り合えば、そこには――

――俺たちは、全員揃って初めて「俺たち」だった。
子供の頃から一緒だった。何をするにも、何処へ行くにも。
他の何にも替えられない仲間たち―― その名を『四君子』
……例え、離れ離れになったとしても。決して色褪せない絆が、そこにはあった。

あれから幾年月が過ぎ去って、遂に再会の機会が訪れた。
芸術家志望の霊峰、あの憧れの夢見鳥学園で。

たった四人しかいない、そのクラス。けれど充分な、そのクラス。
あいつらしかいない、そのクラス――

――だが。
「 “仲間ごっこ”は卒業しよう」
突きつけられたのは現実。生じたのはよそよそしさ、噛み合わないのは届きそうで届かない距離。
俺たちはいつまでもあの頃と変わらない―― そんな事を信じていたのは自分だけだったのか。

……きっかけがあった。
『彩生祭』
……振り分けられた色があった。
『赤』

だから俺は誓った。
きっとまた、あの頃のように一緒にいられる関係が築けると信じて。


 

・シーン数
蘭1回(未遂)、ひよ2回(本番1回)
→事実上1回
 

  /~_ ~\
 (_ヾ リ γ _)
   "i   i"       
    |( ゚Д゚) <エロイッカイダケ    
   |(ノ  |)    
    |    |.     
    丶_ノ      
    .∪∪

・ひよ√のみ

・総評
フルプライス1√のみの清いエロゲなんで個別√の詳細は書きたくても書けませんので失礼


まずこのゲームは絶対にやってはいけないエロゲベスト10に入る位の勢いの糞ゲーです。そのことをしっかりと踏まえた上で下をお読みください。



まずこのゲームにはフルプライスで売られました。プロペラのフルプライスってことは税込みで10290円です。このゲームに10290円の価値が有るか?と問われたら私は間違いなく2980円以下なら買うと予想斜め上の答えを用意せざる得ないでしょう。


さてこのゲームですが基本的にはループ物と言われる世界設定で成り立っています。主人公の笹丸君が世界をループしていく中でヒロインと恋をして結ばれるってことです。ですがこのゲームではそもそもゴールが決まってしまっています。



ひよしか攻略が出来ないのです。全部で4回ほどループを繰り返すのですが、特に3ループ目はただの蛇足であり必要のないものをグダグタと書きつなれているだけです。また物語上の矛盾、意味不明も非常に多く、とてもで無いですがシナリオ面に擁護出来るところはありません。


LV1、主人公は学園に半年遅れでやってくるのですが理由がいまいち不明瞭
LV2、彩生祭の紅葉の製作はどのように4人で間に合わせたのか?あの広大な敷地を4人で紅葉にするとか無理だろ
LV3、黄色の製作の冤罪を着せられた笹丸が、彩生祭で優勝したとたんなぜか冤罪が晴れている件
    →優勝したら奴があんなことするはずがない!的なことは書いてあったがなぜ優勝=冤罪が晴れる?
      むしろ優勝するための妨害と思う人が出なかったのか?
LV4、クラスごとの寮生活の規則で男女が共に生活するわけだが、問題とは思われないのか?
LV5、四君子以外のコミュニティーがほとんどない笹丸に人との話を構築することが本当に可能だったのか?
LV6、笹丸が武道家の家の出身であるのはいいがそれが芸術とどのように関係していたか?
   →半を半殺しにする為だけの不要な設定では?
LV7、芸術学院で有りながら授業の光景やクラス製作等の描写に不足がある


書きだしたらきりがないくらいに不明な点、設定上いくらファンタジーだからと言って無理がある点、なんのために作られた設定なのか不明な点が多々ある。


さらにエロが1回なことについて触れるとこのゲームはいくらでも分岐の方法があった。他のライターなら四君子はもちろん青姉妹の√まで作れただろうに・・・無駄な設定とか考えてる暇があったならしっかりと作ってほしかったです。さらに怒りが有頂天な理由は初回特典にもある


  本編より無駄にエロいシステムボイス集
  ひよ、アララギ、春告、若、青姉、青妹、鬼武先生──『朝色』の世界を語るに欠かせない
  女性キャラクターたちのシステムボイスを封入しています。
  これがなぜか本編よりもずっとエロい!!(朱門談)


本編よりずっとエロい!なにがエロいだ。本編にエロなんで事実上1回だけだろ。そんなもの作ってる暇あるなら√つくれ。と言いたいですね。



唯一の評価点は原画のやすゆきとよだのSDでしょう。それとBGM。これについては秀逸で非常によく出来ていました。原画も綺麗で、絵は非常に可愛かったです。BGMも非常に聴きごたえのあるものが多くシナリオさえしっかり出来ていれば本編を盛り上げるのに一役も二役も駆ってくれたと思うとシナリオの駄目さ加減が非常に残念で有ります。最初に書きました2980円なら買うってのはサントラ・原画代です。

トップページに戻る 

inserted by FC2 system