eden*They were only two, on the planet

ブランド:minori
発売日:2009-9-18
シナリオライター:鏡遊
原画:ちこたむ、KIMちー
声優:シオン(志村由美)、エリカ(中島裕美子)、浅井・F・ラヴィニア(中村繪里子) 、
    榛名亮(間島淳司)、稲葉直人(遠近孝一)、ナツメ(岡田純子)、塔野真夜(後藤麻衣)
その他:御影(監督)、天門(音楽)
eden*+MOSAIC
声優:エリカ(山田ゆな)、シオン(丹下葉子)、塔野真夜(春川モモ)、
    浅井・F・ラヴィニア(多々野仁美), 榛名亮(須賀紀哉)

 

ストーリー

それは地球で最後の恋物語


遠い未来の出来事。
火星付近に突如出現した「破滅の星」と呼ばれる巨大なエネルギーの塊。
その影響は地球にも降り注ぎ、異常気象や地殻変動が発生。
それをきっかけに各地で勃発した戦争とテロ行為により、世界は破滅的な打撃をこうむる。
しかし、それすらも真の破滅への兆しでしかなかった。

残された時間は100年。
滅亡を回避するために、人類は地球から脱出を計画。
その遂行のために2つの計画が立案される。

第一に、計画そのものを実行する“地球統一政府”の設立。
彼らは地球脱出の遂行を最優先とし、大を生かすために小を犠牲にする方針を打ち出す。
強権による人材収拾。世界政府設立の妨げとなる国家や団体を軍事力により制圧。
また、人種・宗教・食料・エネルギーによるありとあらゆる問題を圧倒的な武力によって鎮圧した。

第二に、地球脱出の根幹となる“フェリクス計画”。
移民のために宇宙線建造、ならびに宇宙空間での長期生存を可能とする技術力を手にしなければなくなった人類だが、残された時間はわずか100年でしかなかった。
彼らは実現不可能なその計画を、実現可能な超人類を生み出すことで解決する――遺伝子に改良を施し、高い知能と不老長寿の肉体を持つ新たなる人類「フェリクス」。

それから99年の時が流れ――。
地球脱出計画の中心メンバーとして活躍したフェリクスの少女がいた。
人類のすべてを研究に捧げ、仕事を終えた彼女は人がいなくなった地球に残って穏やかに余生を過ごすことを望んだ。
そして、彼女のもとへ統一軍から派遣された青年がいた。
彼の仕事は少女を守ること。そして、彼女の自由を拘束すること。

2人の出会いから物語は動き出す。
すべて燃やし尽くした星と少女の小さな物語が


  ・eden+MOSAICを使用することによりCGの差分とエロシーンが追加される


・追加分によってシナリオとの整合性が取れるようになる

・ただしエロシーンは本編に組み込まれるない。クリア後のおまけから


・追加シーン
シオン、エリカ、浅井、真夜のエロシーン
エリカとシオンの3P

・√展開は無し。
・総評
これはすごい良かったです。死がテーマでありながらその過程が丁寧に描かれ個々の行動に矛盾が無いです。綺麗な物語すぎてやっているこっちが恥ずかしくなってしまいますね(笑)

この物語は笑いや萌と言った要素はあまりなく最初からクライマックスで物語のほとんどがシリアスな面を描いています。シオンと亮がなぜ死にゆく星にとどまり、最後の人類として地球に残るようになったのかが丁寧に描かれ死を目の前にしつつも絶望とは皆無な生活を送っていく。



ユーザーからすれば「なんでそんなに達観できるのか?」という疑問を記者とう設定の真夜の登場により、真夜が真正面から二人に疑問を投げかけていく様相によりふたりの心情をより多く見てとることができました。




まさにキャッチコピー通り地球で最後の恋を再現し、この物語上シオン以外の√は考えられないことも納得ができました


背景やBGMも非常によく出来ていて、まるで何かの舞台や映画を見ているようでした。


ただ強いて言うなら+MOSAICの追加ディスクがあまりに少量であることが難点でも有ります。当然こちらを使用しなくてもプレイに問題は有りませんが、もう少しシーンの追加等あればよかったのになと思いました。

トップページに戻る

inserted by FC2 system